コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神儒一致論 しんじゅいっちろん

世界大百科事典 第2版の解説

しんじゅいっちろん【神儒一致論】

江戸時代に唱えられた神道説の中心をなす思想。近世前期は儒教が時代の中心思想となった時期であるが,儒家の間に日本古来の神道と外来の儒教思想との一致を説く者が多く,また本来の神道家の間にも神儒一致的見解を論じた人もあり,神儒一致論は近世前期の思想界の時代的傾向であった。ここではとくに儒家神道における神儒一致論の展開について説明したい。近世儒学の祖と言われる林羅山は《本朝神社考》《神社考詳節》などを著し,また若狭国主酒井忠勝のため《神道伝授》を著し,神道を理気陰陽の儒教理論で説明し,一家の神道説を提唱しようとした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

神儒一致論の関連キーワード吉川惟足

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android