コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神道伝授 しんとうでんじゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神道伝授
しんとうでんじゅ

(1) 神道の奥義,行事,教理などを伝授すること。各神道流派で行われたが,唯一神道垂加神道のものが名高い。
(2) 林羅山の著書。神道を朱子学的立場で解釈した神道の理論書。正保1 (1644) 年頃成立。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんとうでんじゅ【神道伝授】

神道の秘伝・行事を弟子・門弟に伝えること。中世以降の両部神道,吉田神道などで行われた。とくに吉田神道(唯一宗源神道)を創唱した吉田兼俱は,自己の神道説を秘伝化し,その人の器量,志向の浅深によって秘伝を4重分と,その上に相承分4位の,あわせて8段階に分け伝授した。初重,2重は白紙,3重,4重は水雲紙に書き,切紙を伝授した。伝授された切紙は暗誦し,のちに返納することになっていた。初重の伝授者は,冠と烏帽子の懸緒を1組,2重は4組,3重は8組つけることができ,懸緒のない者は神に向かうことができなかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

神道伝授の関連キーワード神儒一致論儒家神道吉田兼右梵舜

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android