コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神道伝授 しんとうでんじゅ

2件 の用語解説(神道伝授の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神道伝授
しんとうでんじゅ

(1) 神道の奥義,行事,教理などを伝授すること。各神道流派で行われたが,唯一神道垂加神道のものが名高い。(2) 林羅山の著書。神道を朱子学的立場で解釈した神道の理論書。正保1 (1644) 年頃成立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんとうでんじゅ【神道伝授】

神道の秘伝・行事を弟子・門弟に伝えること。中世以降の両部神道吉田神道などで行われた。とくに吉田神道(唯一宗源神道)を創唱した吉田兼俱は,自己の神道説を秘伝化し,その人の器量,志向の浅深によって秘伝を4重分と,その上に相承分4位の,あわせて8段階に分け伝授した。初重,2重は白紙,3重,4重は水雲紙に書き,切紙を伝授した。伝授された切紙は暗誦し,のちに返納することになっていた。初重の伝授者は,冠と烏帽子の懸緒を1組,2重は4組,3重は8組つけることができ,懸緒のない者は神に向かうことができなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

神道伝授の関連キーワード口伝古今伝授付法堺伝授直伝伝書門弟子歴伝神道の碑古今伝受(古今伝授)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone