コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神吉拓郎 カンキタクロウ

デジタル大辞泉の解説

かんき‐たくろう〔‐タクラウ〕【神吉拓郎】

[1928~1994]小説家・放送作家・エッセイスト。東京の生まれ。NHKで放送台本を手がけた後、都会的なタッチの小説・エッセーを発表。食通としても知られる。「私生活」で直木賞受賞。他に「ブラックバス」「芝の上のライオンたち」、エッセー集「たべもの芳名録」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神吉拓郎 かんき-たくろう

1928-1994 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和3年9月11日生まれ。昭和24年NHKにはいり,ラジオ番組「日曜娯楽版」などの放送台本を手がける。小説,エッセイに転じ,59年都会生活の哀歓をえがいた「私生活」で直木賞。平成6年6月28日死去。65歳。東京出身。成城高卒。作品に「ブラックバス」,エッセイに「たべもの芳名録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんきたくろう【神吉拓郎】

1928~1994) 小説家。東京生まれ。成城高卒。都市生活者の日常の哀歓を軽妙な文体で描く短編集「私生活」で直木賞受賞。洒脱なエッセーでも知られる。著「明日という日」「東京気儘地図」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

神吉拓郎の関連キーワードblack bass文体

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神吉拓郎の関連情報