コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神照寺 じんしょうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神照寺
じんしょうじ

滋賀県長浜市にある真言宗智山派の寺。寛平7 (895) 年宇多天皇の勅願により益信が創建したといわれ,萩の寺として知られる。七堂伽藍を構え,数百坊を有し栄えたが,たびたび戦火にあい,現存の本堂などは江戸時代に再建されたもの。寺宝も多く,国宝の『金銀鍍透彫華籠 (きんぎんとすかしぼりけご) 』は鎌倉時代の作品で,散華 (さんげ) の儀式に花を盛る器として使われたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

神照寺の関連キーワード滋賀県長浜市透彫り日雄

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android