コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神田宗兵衛 かんだそうべえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神田宗兵衛
かんだそうべえ

[生]?
[没]文政12(1829)
三田焼 (さんだやき) の創始者,摂津三田村の豪商天明1 (1781) 年京都と肥前陶工を招いて製陶を開始。享和1 (1801) 年,明朝風の青磁を創出し,三田青磁の名を高めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神田宗兵衛 かんだ-そうべえ

?-1838 江戸時代後期の商人。
摂津三田(さんだ)藩(兵庫県)の御用商人神田家の婿となり,同家をつぐ。有馬郡三輪村に窯をきずき,陶工内田忠兵衛に青磁をやかせた。三田焼の創始者。天保(てんぽう)9年9月24日死去。摂津河辺郡(兵庫県)出身。本姓は小池。通称は惣兵衛ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

神田宗兵衛の関連キーワード向井喜太夫定二郎太一郎文政

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android