神田祭(読み)かんだまつり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神田祭(東京都)
かんだまつり

東京都千代田区外神田(そとかんだ)2丁目に鎮座する神田神社(旧府社、通称神田明神)の例祭。通称、神田明神祭。江戸時代に将軍の上覧に供することで赤坂山王権現(さんのうごんげん)(日枝(ひえ)神社)の大祭とともに天下祭、御用祭と称される盛大な祭りであった。毎年行われていたが、1681年(天和1)以後、山王権現と隔年で行われるようになったため、丑(うし)、卯(う)、巳(み)、未(ひつじ)、酉(とり)、亥(い)の年を大祭とし、それ以外の年を蔭祭(かげまつり)とした。大祭は江戸町人生粋(きっすい)の心意気を示す江戸っ子、神田っ子の祭りとして京都の祇園祭(ぎおんまつり)、大阪の天満天神祭(てんまてんじんまつり)の両祭とともに日本三大祭とも自称する。もと神田橋御門内の将門首塚(しょうもんくびづか)(大手町に現存)を創祀(そうし)とし、元和(げんな)年間(1615~24)に現社地へ移転した神田明神は、主祭神に大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)を祀(まつ)るが、地元氏子(うじこ)の信仰は相殿神(あいどのしん)の平将門(まさかど)霊にあり、その点で祇園、天満とともに一種の御霊(ごりょう)祭の性格もある。もと旧暦9月14日から17日まで江戸城内を含む神田、京橋、下谷(したや)に神幸行列を繰り出し、最盛期には各町内より33番の山車(だし)が供奉(ぐぶ)したが、明治以後は祭日を5月中旬に変更し、たび重なる震災、戦災で山車を焼失したこともあって、現在では神輿(みこし)を中心とした祭りとなっている。[薗田 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神田祭の関連情報