福岡世徳(読み)ふくおか つぐのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福岡世徳 ふくおか-つぐのり

1848-1927 明治-大正時代の政治家。
嘉永元年10月15日生まれ。自由民権運動に共鳴し,郷里島根県松江で山陰自由党を結成,山陰新聞(山陰中央新報前身)の創設に参加した。のち代言人(弁護士)を開業。明治22年初代松江市長に就任し,22年間つとめた。45年衆議院議員(政友会)。昭和2年1月30日死去。80歳。旧姓は吉田。字(あざな)は子賢。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android