コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フク

デジタル大辞泉の解説

ふく【福】

[名]
運のよいこと。幸運。幸い。しあわせ。「を授かる」「の神」⇔
神仏への供え物のおさがり。また、それをいただくこと。おふく。ごふく。
「このすずは鞍馬の―にて候ふぞ」〈著聞集・一八〉
[名・形動ナリ]ゆたかなこと。裕福なこと。また、そのさま。
「―な旦那を取り放してはと」〈浮・禁短気・五〉

ふく【福】[漢字項目]

[音]フク(漢) [訓]さいわい
学習漢字]3年
豊かな幸運。さいわい。「福祉福相福徳禍福幸福至福祝福浄福清福多福追福万福冥福(めいふく)裕福
[名のり]さき・さち・たる・とし・とみ・むら・もと・よ・よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふく【福】

( 名 )
さいわい。しあわせ。幸運。 ↔ 「 -を招く」 「笑う門には-来たる」
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
裕福な・こと(さま)。 「お前ほどの-な旦那を取放してはと/浮世草子・禁短気」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【宴会】より

…寺院については1185年(文治1)文覚(もんがく)が起請文の中で神護寺における酒宴を禁じたほか,1214年(建保2)の極楽坊起請,32年(貞永1)の海竜王寺制規など,その事例は多い。公家の場合も1191年(建久2)の新制で〈隣里雑人の群飲射的〉を〈闘殺の根元〉として禁じ,1212年(建暦2)と31年(寛喜3)の新制にも同様の条文があり,公家新制に応じて制定された1226年(嘉禄2)と63年(弘長3)の興福寺の新制でも酒宴は禁じられている。鎌倉幕府が1252年(建長4)以後,しばしば沽酒(こしゆ)禁制を発しているのも,同じ効果をねらったのであろうが,〈二条河原落書〉に詠まれたような茶寄合,連歌会にともなう〈飲酒乱舞〉に対し,1336年(延元1∥建武3)室町幕府は《建武式目》の第2条で〈群飲佚遊〉を厳しく禁じたのである。…

※「福」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

福の関連キーワード福王 茂十郎(15代目)笑福亭 福松(2代目)福岡県田川郡福智町神崎福岡県福津市宮司ヶ丘福岡県福津市花見が丘福岡県福津市光陽台南福岡県福津市花見の里福岡県福津市花見が浜福岡県福津市福間駅東福岡県福津市有弥の里福岡県福津市須多田福岡県福津市舎利蔵福岡県福津市若木台福岡県福津市村山田福岡県福津市東福間福岡県福津市津屋崎福岡県福津市福間南福岡県福津市宮司浜あんずの里運動公園福岡県福津市手光南

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福の関連情報