コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福良津 ふくらのつ

百科事典マイペディアの解説

福良津【ふくらのつ】

能登半島西岸,石川県志賀町にあった湊。古代には渤海(ぼっかい)国使の帰国船の造船,修理,係留出航の基地として機能した。772年渤海への帰国の途についた渤海国使一行などが遭難して能登国に漂着したため,〈福良津〉で休養したという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくらのつ【福良津】

古代の港。能登半島の西岸,石川県羽咋郡富来町福浦に比定される。《続日本紀》に772年(宝亀3)に,渤海からの使節を送る途中の船が暴風にあい,福良津に漂着したことを記す。《三代実録》に883年(元慶7)の勅として,北陸道の海岸に着いた渤海客は,帰還の船を福良泊の近くの山の材でつくるので,みだりに大木を伐採してはならない旨を定めたことを載せている。【千田 稔】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

福良津の関連キーワード河村瑞賢北前船

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android