コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

係留/繋留 ケイリュウ

デジタル大辞泉の解説

けい‐りゅう〔‐リウ〕【係留/×繋留】

[名](スル)船・気球などをつなぎとめておくこと。「に―された船」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けいりゅう【係留 mooring】

浮遊する物体を,索や鎖により大地に直接または間接につなぎとめること。係留用の索や鎖の一端は水底や陸上の大地もしくは杭などの大地固定物,または係留された他の物体に固定され,他端は被係留物体上に固定される。しかしこの端部における固定は一般的には半永久的なものではない。ここでは最も重要な船の係留について述べる。
[船の係留施設と係留方法]
 貨客の積卸しおよび乗降を行うため,またはその他の目的で船が係留する施設として,岸壁係船浮標(ブイ),係船杭,桟橋浮桟橋などがあり,これらには船を安全,確実に係留するために防衝設備,係船柱係船環などの付帯設備が設けられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

係留/繋留の関連キーワードケンチョピアの県条例改正クイーン・エリザベス号浮き防波堤・浮防波堤浮体式洋上風力発電海洋プラットホーム巡洋艦オーロラ号チャールズタウンモーリングブイヨットハーバーサウスポイント標識灯・標識燈アドバルーンアンカリングカイツーンシーバース人工魚礁浮防波堤マリーナ係留ブイ係船保険

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android