禿筆(読み)トクヒツ

  • ×禿筆
  • かぶろふで
  • ちびふで

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 穂先のすりきれた筆。ちびふで。とくひつ。かむろふで。
※俳諧・功用群鑑(1681頃)地「試るに命毛ながしかふろ筆〈桐陰〉」
〘名〙 穂先のすり切れた筆。また、自分の文、筆跡をへりくだっていう。敗筆。とくひつ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※風流仏(1889)〈幸田露伴〉一「大江山退治の際一泊と禿筆(チビフデ)の跡」
〘名〙
① 使いふるされて、穂先がすり切れた筆。ちびた筆。
※本朝文粋(1060頃)四・為入道前太政大臣辞職第三表〈大江匡衡〉「仰前疏而増戦栗。濡禿筆而悩虞松」 〔杜甫‐題壁上韋偃画馬歌詩〕
② 転じて、自分の文章や文字を謙遜していう語。
※釈氏往来(12C後)六月日「感荷之至、禿筆難彰。委細期参啓之次

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android