禿筆(読み)とくひつ

精選版 日本国語大辞典「禿筆」の解説

とく‐ひつ【禿筆】

〘名〙
① 使いふるされて、穂先がすり切れた。ちびた筆。
※本朝文粋(1060頃)四・為入道前太政大臣辞職第三表〈大江匡衡〉「仰前疏而増戦栗。濡禿而悩虞松」 〔杜甫‐題壁上韋画馬歌
② 転じて、自分の文章や文字を謙遜していう語。
※釈氏往来(12C後)六月日「感荷之至、禿筆難彰。委細期参啓之次

ちび‐ふで【禿筆】

〘名〙 穂先のすり切れた筆。また、自分の文、筆跡をへりくだっていう。敗筆。とくひつ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※風流仏(1889)〈幸田露伴〉一「大江山退治の際一泊と禿筆(チビフデ)の跡」

かぶろ‐ふで【禿筆】

〘名〙 穂先のすりきれた筆。ちびふで。とくひつ。かむろふで。
※俳諧・功用群鑑(1681頃)地「試るに命毛ながしかふろ筆〈桐陰〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「禿筆」の解説

とく‐ひつ【×禿筆】

穂先の擦り切れた筆。ちびた筆。また、自分の文章や筆力を謙遜していう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「禿筆」の解説

【禿筆】とくひつ

穂先のすり切れた筆。唐・杜甫〔壁上の偃の画ける馬に題する歌〕詩 戲れに禿筆を拈(と)つて(くわりう)を(はら)へば (たちま)ち見る、騏(きりん)の東壁に出づるを

字通「禿」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android