コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秀存 しゅうぞん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秀存 しゅうぞん

1788-1860 江戸時代後期の僧。
天明8年生まれ。浄土真宗東本願寺の高倉学寮で深励(じんれい)に師事。のち江戸増上寺の照阿,寛永寺の慧澄,高野山の芳英から倶舎(くしゃ),天台,華厳(けごん)などをまなぶ。嘉永(かえい)4年(1851)本山の命により,教義に異義をとなえた頓成(とんじょう)らをとりしらべた。万延元年閏(うるう)3月27日死去。73歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。俗姓は小島。号は一蓮院。著作に「華厳五教章講義」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

秀存の関連キーワードラングハンス万延第二帝政ラトビアサリエリラ=ペルーズホール朋誠堂喜三二アメリカ合衆国憲法オーストラリア・ニュージーランド文学

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android