秋山 雅之介(読み)アキヤマ マサノスケ

20世紀日本人名事典「秋山 雅之介」の解説

秋山 雅之介
アキヤマ マサノスケ

明治〜昭和期の官僚,法学者 法政大学学長。



生年
慶応2年1月23日(1866年)

没年
昭和12(1937)年4月11日

出身地
安芸国(広島県)

学歴〔年〕
帝国大学法科〔明治23年〕卒

学位〔年〕
法学博士〔明治38年〕

経歴
明治23年大学を卒業して外務省試補となり政務局に勤務する傍ら、東京専門学校(現・早稲田大学)で国際法・保険法を講じる。外務省翻訳官、書記官を経て、30年参事官となり和仏法律学校(現・法政大学)講師を務め国際法を講義、37年陸軍省参事官となり法制局参事官を兼任。39年ジェノバで開催の万国赤十字条約改正会議に帝国政府委員として列席し、43年朝鮮総督府参事官を兼任。45年ワシントンの万国赤十字社総会などに政府委員兼日本赤十字社委員として出席、帰途朝鮮総督府より欧州特にボスニアヘルツェゴビナ及びバルカン半島視察を命じられる。大正元年朝鮮総督府参事官兼陸軍省参事官となり、6年青島守備軍民政長官に転じ鉄道部長を兼ねた。11年退官後、法政大学理事に就任し、昭和6年〜9年学長を務めた。ほかに女子専門学校理事長職にも就き、学界・教育界にも貢献した。著書に「国際公法」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android