コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋山厳山 あきやま げんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋山厳山 あきやま-げんざん

1807-1863 江戸時代後期の儒者,神職。
文化4年9月1日生まれ。讃岐(さぬき)(香川県)櫛梨(くしなし)神社の祠官。牧東渚(とうしょ),小寺清先(きよさき),頼山陽(らい-さんよう)にまなぶ。帰郷して「日本外史」を講義。天保(てんぽう)10年から丸亀藩の命で「西讃府志」の編集にあたり,安政5年完成させた。文久3年4月10日死去。57歳。名は惟恭(これいや)。字(あざな)は仲礼。通称は伊豆(いず),大歳。別号に千別舎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android