コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

科学者の不正 かがくしゃのふせい

1件 の用語解説(科学者の不正の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

科学者の不正

最近の大きな話題のひとつに、科学者による論文捏造などの不正行為がある。韓国ソウル大学でのヒトES細胞の作成に関する黄禹錫(ファン・ウソク)教授の問題は世界的にも大きく報道された。また、東京大学RNA干渉研究に関する論文や、大阪大学の肥満に関する遺伝子研究についての論文捏造問題などいくつかあげられる。 科学者による論文やデータの捏造はいまに始まったものではなく、古くは古代ギリシャから既に行われていたといわれている。科学史上でも有名な捏造事件が多くあることはよく知られている。歴史上科学者によって多くのデータ捏造が繰り返されてきたわけだが、それを防止する対策は今までほとんどとられていなかった。 米国では生命科学分野を中心とした科学者の不正行為を防止するために研究公正局が設けられている。そこではガイドラインの策定、申し立て(告発)の受け付けとそれに基づく調査、結果の公表および普及、啓発事業を目的とした活動が行われている。また、ヨーロッパ諸国や中国など様々な国で、科学者の不正行為の防止策に取り組んでいる。 日本でもやっと科学者の不正行為に目を向け始め、日本学術会議では2003年6月に「科学における不正行為とその防止について」という報告書を出した。しかし、具体策については今後の課題とされている。生命科学は不正行為の発見が困難な場合が多く、疑わしい場合は専門家による委員会や機関による調査が必要である。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

科学者の不正の関連キーワード当座資産一に今摺り科学者水火器物を一つにせず大作断トツ一つ一つ二つに一つフライトデッキ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

科学者の不正の関連情報