秘密教(読み)ヒミツキョウ

大辞林 第三版の解説

ひみつきょう【秘密教】

〘仏〙
密教のこと。
天台宗の教相判釈である五時八教で、教えの説き方から分類した化儀けぎの第四。同じ教えを聞いているが、聞く者の能力によって受ける利益の異なる説き方。 → 五時八教

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひみつ‐きょう ‥ケウ【秘密教】

〘名〙
真言密教のこと。密教。
梁塵秘抄(1179頃)二「南天竺の鉄塔を、一扉を開きて秘密(ヒミツケウ)を、金剛薩埵に受けたまふ」
② 天台宗で説く八教のうちの化儀四教の一つで、仏が聴衆の能力の違いを考え、聴衆には同じ会座にあって法を聞きながら、互いに他の人のいることも、受けとった内容もわからないようにして説く教え。
※仮名草子・あだ物語(1640)下「八教とは化儀の頓教、漸教、不定教、秘密教(ヒミツケウ)の四けうと〈略〉四教とあはせて八教なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android