コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

租税犯 そぜいはん

大辞林 第三版の解説

そぜいはん【租税犯】

租税の賦課、徴収及び納付に関連する犯罪。国家の租税債権を直接侵害する脱税犯と、国家の租税債権確定及び徴収権の正常な行使を阻害する危険があるために罰せられる租税危害犯に区別される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そぜいはん【租税犯】

租税の賦課,徴収,納付に直接関連する犯罪をいう。各種租税法規の罰則に規定されている犯罪は,たいてい租税犯であるが,税に関する調査の事務に従事している者や,従事していた者が,その事務に関して知ることができた秘密を漏らしまたは盗用する罪(所得税法243条,法人税法163条,等)などは,租税の賦課等に直接関連する犯罪といえないから,租税犯に含まれない。租税犯は,脱税犯租税危害犯に大別される。【板倉 宏】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

租税犯の関連キーワード国税徴収法国税通則法租税債権犯則事件立入検査国家

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android