コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板倉 いたくら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

板倉
いたくら

新潟県南西部,上越市南部の旧町域。高田平野の南東部から東頸城丘陵にかけて広がる。 1958年町制。 2005年上越市に編入。平野部は穀倉地帯の一部で米作が盛ん。 1971年から県の農村総合整備モデル事業の指定を受ける。 1992年に工業団地が完成し,企業が誘致されている。丘陵には観光牧場やキャンプ場がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いたくら【板倉】

姓氏の一。

いたぐら【板倉】

壁を板で作った倉。また、厚板を組み上げて壁体とした校倉あぜくらの類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

板倉
いたくら

新潟県南西部、中頸城(なかくびき)郡にあった旧町名(板倉町(まち))。現在は、上越(じょうえつ)市の一地区。1958年(昭和33)町制施行。2005年(平成17)安塚(やすづか)町、柿崎(かきざき)町、大潟(おおがた)町、吉川(よしかわ)町、名立(なだち)町、浦川原(うらがわら)村、大島(おおしま)村、牧(まき)村、頸城(くびき)村、中郷(なかごう)村、清里(きよさと)村、三和(さんわ)村とともに、上越市に編入。旧町域は、高田平野の谷口に位置し、大熊川が流れる。近くを走るえちごトキめき鉄道(旧、JR信越本線)新井駅から5キロメートルにある針(はり)地区は、飯山(いいやま)街道の要衝で、在郷町として繁栄した。また、頸南(けいなん)穀倉地帯の中心で、南東丘陵にある東山寺(ひがしやまてら)地区は中世、山岳仏教の聖地として栄え、山寺薬師や、恵信尼(えしんに)(親鸞(しんらん)の妻)廟(びょう)や記念館がある。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の板倉の言及

【伊勢神宮】より

…御饌殿は外宮にのみある建築で,大宮院の北東隅の板垣の内側にある。御饌殿が建築史上注目されるのは,板倉の形式を今日まで残している点である。すなわち,柱が直接に桁を受けるのでなく,棟持柱以外は,床を支えるだけで,その上に床をつくり,校倉のように板を組み合わせて壁体をつくっている。…

【倉∥蔵】より

…〈庫〉とも書かれる。構造の違いから高倉,板倉,校倉(あぜくら),丸木倉,石倉,土蔵(どぞう),穴蔵などがあり,管理や用途によって正倉,勅封蔵,郷蔵,米蔵,酒蔵,木蔵など,さまざまな名称がある。16世紀後半以降,防火のため,外側を土で厚く塗り込める形式が多く用いられるようになった。…

【穀倉】より

…穀物を収納する倉。日本の場合,土蔵,校倉(あぜくら),蒸籠(せいろう)倉,板倉,石倉,高倉など種々ある。木材を組み積んだ校倉,蒸籠倉は八ヶ岳山麓山浦地方にあったし,かつて中部山岳地方に広く分布していた。…

【神社建築】より

…正殿は正面3間,側面2間,掘立柱,板壁,切妻造,茅葺きで,四周にめぐらした高欄つきの縁,破風を延長してつくった千木(ちぎ),棟上に置く堅魚木(かつおぎ),両妻に壁から独立して立つ棟持柱(むなもちばしら)などをもち,総じて今日の正殿の姿と大差ないこの形式を一般に神明(しんめい)造という(図1)。一方,現在の二つの宝殿は正殿を小規模にし簡略化した形であるが,中世以前の形式はこれと異なり,板倉の構法によってつくられていた。すなわち現状のように柱が梁や桁を受けるのではなく,柱は床の高さまででその上に床をつくり,床桁の上に板を組み合わせて壁をつくる形式であった。…

※「板倉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

板倉の関連キーワード群馬県邑楽郡板倉町西岡新田群馬県邑楽郡板倉町内蔵新田群馬県邑楽郡板倉町下五箇群馬県邑楽郡板倉町朝日野群馬県邑楽郡板倉町大高嶋群馬県邑楽郡板倉町大荷場群馬県邑楽郡板倉町西岡群馬県邑楽郡板倉町細谷群馬県邑楽郡板倉町籾谷群馬県邑楽郡板倉町除川群馬県邑楽郡板倉町泉野群馬県邑楽郡板倉町岩田群馬県邑楽郡板倉町大曲群馬県邑楽郡板倉町大蔵群馬県邑楽郡板倉町飯野群馬県邑楽郡板倉町離与謝野晶子と松戸板倉勝尚(2)群馬県邑楽郡渋川教之助

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

板倉の関連情報