コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秩父鉱山 ちちぶこうざん

3件 の用語解説(秩父鉱山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秩父鉱山
ちちぶこうざん

埼玉県西部,秩父市西部にある金属鉱山。慶長年間 (1596~1615) に発見されたと伝えられる。 1937年以来日窒鉱業が経営し,鉄,硫化鉄,銅,亜鉛,マンガンなどが産出された。鉱石は浮遊選鉱され,川崎その他の製鉄,精錬所へ送られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秩父鉱山
ちちぶこうざん

埼玉県秩父市大滝(おおたき)地区にある鉱山。荒川の支流中津川上流にあり、古い歴史をもつ。当初はわが国屈指の金属鉱山で、初期は金や砂金の採鉱、採取が主体であったが、1914年(大正3)金山から鉄山に転換、銅、亜鉛、鉛なども産した。鉱石は、鉱石索道により秩父鉄道の三峰(みつみね)口駅まで運んでいたが、のちにトラックを用いた。1973年(昭和48)以後、石灰石、珪砂(けいさ)の採掘、加工が主体となっていたが、1978年金属採掘を中止した。[中山正民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の秩父鉱山の言及

【大滝[村]】より

雁坂峠(甲州裏街道),十文字峠(信州往還)などの峠は江戸時代までは重要な交通路として使われ,その合流点の栃本には関所が置かれていた。荒川の支流中津川の奥には平賀源内が発見したといわれる秩父鉱山があり,昭和初期から鉄鉱石を中心に亜鉛,鉛,銅などを採掘してきたが,現在は石灰岩とケイ砂のみである。荒川総合開発計画により1961年,多目的の二瀬ダムが建設され,秩父湖が出現した。…

※「秩父鉱山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秩父鉱山の関連情報