コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秩父音頭

2件 の用語解説(秩父音頭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

秩父音頭

埼玉県秩父市の民謡。古くから庶民の間で歌い継がれてきたもので、1930年代に再構成され『秩父豊年踊り』の名で歌と踊りを公開、その後改称して現在の名称となった。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秩父音頭
ちちぶおんど

埼玉県の民謡。埼玉県西部、秩父郡皆野(みなの)町を中心に歌われてきた盆踊り唄(うた)。その源流は新潟県の『越後甚句(えちごじんく)』で、三国(みくに)峠を越えて関東に入り、秩父にも伝えられた。栃木県の『日光和楽踊り』と同系の唄。秩父には秋の取り入れの前に、田の神に豊作を祈願する「豊年踊り」の風習があり、その際にこの唄を歌ってきた。その風習が廃れると、豊年踊りの時期が盆に近いことから、その唄を盆踊り唄として使うようになった。そこで歌詞にも手が加えられ、昭和の初めに保存会がつくられ、いまの形が完成した。それまでの『日光和楽踊り』に似た節回しをつくり直し、伴奏には秩父屋台囃子(ばやし)の手も入っている。[斎藤 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秩父音頭の関連キーワード埼玉県秩父市浦山埼玉県秩父市大滝埼玉県秩父市久那埼玉県秩父市黒谷埼玉県秩父市栃谷埼玉県秩父市中町埼玉県秩父市番場町埼玉県秩父市東町埼玉県秩父市別所埼玉県秩父市三峰

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秩父音頭の関連情報