コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊年踊り ほうねんおどり

大辞林 第三版の解説

ほうねんおどり【豊年踊り】

豊年を祝う踊り。また、豊年を祈願する踊り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊年踊り
ほうねんおどり

日本民謡の分類上、祝い唄(うた)のなかの一種目で、イネの豊作を願って田の神に奉納する踊り唄の総称。豊年踊りは8月中旬のイネの開花時期と10月下旬から11月にかけての収穫後の時期に行われる場合が多い。開花期は、収穫に直接関係するたいせつな時期で、ここで風が吹いたりして穂先がこすれると減収になる。そこでこの時期を無事に過ごしたいと願う農民が、田の神にもう一度豊作祈願をし直した。その方法は、豊作の喜びを田の神にみせることで一種の暗示にかけ、神の力を借り出すことであった。「揃(そろ)た揃たよ踊り子が揃た 秋の出穂よりよく揃た」とか「今年ゃ豊年だよ穂に穂が咲いて 道の小草に米がなる」の歌詞などはそれである。また収穫後のものは、豊作を感謝してのものである。ところが8月中旬のものは、旧暦7月15、16日の死者や先祖の供養をする盆踊りの時期と重なるため、初めは区別していたものと思われるが、しだいに混同され、いつか盆踊り唄のなかに吸収されてしまった。先の歌詞で歌う盆踊り唄や「豊年踊」という曲名の盆踊り唄はその名残(なごり)である。[竹内 勉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

豊年踊りの関連キーワードじゃんがら日本民謡秩父音頭盆踊り唄田の神平戸島竹内踊り豊年

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android