称呼(読み)ショウコ

大辞林 第三版の解説

しょうこ【称呼】

( 名 ) スル
よびな。名前。呼称。
名前を呼ぶこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐こ【称呼】

〘名〙
① 呼び名。名まえ。となえ。称号。呼称
※弁疑書目録(1710)上「両書巻数題号自ら分てりと雖ども、称呼(シャウコ)顛倒するが為に、これを弁ず」 〔劉克荘‐夜読伝燈雑書詩〕
② (━する) となえ呼ぶこと。名まえを呼ぶこと。
※漢書帝紀抄(1477‐1515)高帝紀第一上「高祖の母の姓氏がつまびらかにないほどに、をしなめて称呼する名を取て媼と云ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android