(読み)しょうする

精選版 日本国語大辞典「称」の解説

しょう‐・する【称】

〘他サ変〙 しょう・す 〘他サ変〙 (「しょうずる」とも)
① 人前で公然と言う。唱える。名づけて言う。名のる。
※和漢朗詠(1018頃)下「晉の騎兵参軍王子猷 栽ゑて此の君と称す〈藤原篤茂〉」
※今昔(1120頃か)五「皆、各(おのおの)心を一にして仏の御名を称し」
② 他人の手前はそのように偽って言う。
※高野本平家(13C前)四「或は神慮にあひはばかり、或は綸言と称(セウ)するによて」
③ ほめる。たたえる。
※台記‐康治二年(1143)五月二五日「清慎公者、彼時摂政、以賢名称」
※中華若木詩抄(1520頃)上「天下の英雄と称ぜらるるほどの者は」

しょう【称】

〘名〙
① よびな。
※史記抄(1477)三「公は官の称ぞ」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉附録「正義廉直は無能の称として冷笑侮蔑せらるるにあらずや」
② ほまれ。名声。
※随筆・山中人饒舌(1813)下「近儒以六法称者」

しょう‐・す【称】

〘他サ変〙 ⇒しょうする(称)

たた・う たたふ【称】

〘他ハ下二〙 ⇒たたえる(称)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「称」の解説

しょう【称】

よびな。呼称。「コハダはコノシロの若魚のだ」
ほまれ。名声。評判。「幻の名酒のがある」

しょう【称〔稱〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ショウ(呉)(漢) [訓]たたえる となえる はかる
ほめあげる。たたえる。「称賛称美称揚
となえる。呼ぶ。呼び名。「称呼称号称名(しょうみょう)愛称仮称改称敬称古称呼称公称詐称自称総称通称人称美称併称名称略称
はかりで量る。「称量
左右がつりあう。「相称対称
[名のり]あぐ・かみ・な・のり・みつ・よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android