種姓(読み)シュセイ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐しょう ‥シャウ【種姓】

〘名〙 (「しゅじょう」とも) ひとが生まれつき属している階級や家柄。氏素姓。すじょう。しゅせい。
※今昔(1120頃か)四「今昔、天竺に一人の人有り。種姓(しゅしゃう)は高けれども身貧くして世を過すに力无し」

しゅ‐せい【種姓】

〘名〙 =しゅしょう(種姓)〔音訓新聞字引(1876)〕 〔史記‐匈奴伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の種姓の言及

【インド】より

…これらの古典によれば,クシャトリヤたる王はバラモンの補佐を受けて統治し,国土と人民を保護し,その報酬として租税を享受する。王の職務として強調されたのは,太古から伝えられた法を実践し,とくにバルナ(種姓)の混乱を防ぎ,バルナによる社会秩序を維持し確立することであった。王の地位は世襲的であるが,長男子継承の原則は必ずしも定まっておらず,王子たちは中央・地方の要職を占め,女帝も例外的に知られている。…

【バルナ】より

…インド社会の四大身分(階級)の呼称。種姓と訳される。バルナとは本来〈色〉を意味する語であったが,アーリヤ人のインド進入当時,肌の色が支配者,被支配者の区別を示していたために〈身分〉〈階級〉の意味が加わり,その後〈種姓〉の意味に使われるようになった。…

※「種姓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android