コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲垣重富 いながき しげとみ

美術人名辞典の解説

稲垣重富

江戸中期の下野烏山藩主。三河生。稲垣重昭長男。幼名は大蔵。従五位下和泉守に叙任され、のち対馬守に改める。宝永7年(1710)歿、38才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲垣重富 いながき-しげとみ

1673-1710 江戸時代前期-中期の大名。
延宝元年生まれ。稲垣重昭(しげあき)の長男。貞享(じょうきょう)5年三河(愛知県)刈谷(かりや)藩主稲垣家3代。元禄(げんろく)12年若年寄。15年5000石を加増されて上総(かずさ)(千葉県)大多喜に転じ,21日後に下野(しもつけ)(栃木県)烏山(からすやま)藩主稲垣家初代となる。2万5000石。宝永元年九能山(くのうざん)造営奉行をつとめて5000石の加増をうけた。宝永7年4月17日死去。38歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲垣重富の関連キーワード大多喜藩稲垣昭賢

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android