コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲田の御光 いなだのごこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲田の御光
いなだのごこう

太陽を背にして露のおりた地表面にを映したとき,観察者の影のまわりに輝いてみえる白い光環。露による光の散乱反射によって起こる。霧や雲の上に飛行機や山の上から影を映したときにも観察される。観察者からみて太陽の反対側に現れる。(→グローリー

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

稲田の御光【いなだのごこう】

太陽を背にして露のある草原水面を見るとき,観測者の影の周囲に見られる光輪。微小水滴による太陽光線の回折現象。船から水面に影を映したときにも,同様の御光が見られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いなだのごこう【稲田の御光】

草原またはたんぼなどで,朝,草の葉にたくさん露が結んでいる時,太陽を背にして立つと,自分の頭の影のまわりが明るく輝いて見えるが,この現象を稲田の御光と呼んでいる。これは露玉になっている小水滴に入った日光が,水滴と葉との接触面で強く反射して起こるものである。【畠山 久尚】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲田の御光
いなだのごこう

早朝、草の葉に露がたくさんついている中へ、太陽を背にして立って自分の影を映したとき、頭の影の周りがぼうと白く明るく見える現象。稲の葉に限らず芝草やその他の草でも現れる。太陽の光が露に入り、葉の表面で反射して自分のほうに出てくるもので、暗い中で光るネコの目や、ヘッドライトが当たると光る道路標識と同じ仕組みである。16世紀にイタリアの画家セリニB. Celliniが初めて書き留めたので、「セリニの御光」ともよぶ。[大田正次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android