稲葉恒通(読み)いなば つねみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉恒通 いなば-つねみち

1690-1720 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)3年2月11日生まれ。稲葉知通(ともみち)の次男。宝永3年豊後(ぶんご)(大分県)臼杵(うすき)藩主稲葉家7代となる。朝鮮使節の接待役,三河(愛知県)矢作(やはぎ)橋の普請手伝などのため財政が窮迫。倹約令をだし,御用金を課した。享保(きょうほう)5年6月25日死去。31歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android