コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲葉高道(2代) いなば こうどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉高道(2代) いなば-こうどう

1800-1868 江戸時代後期の陶工。
寛政12年(一説に享和元年)生まれ。初代稲葉高道の子。父の名をつぎ常滑(とこなめ)焼の茶器などをつくる。名古屋藩主の巡察の際,製作工程を披露した。門人滝田椿渓(ちんけい)らがいる。明治元年死去。69歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。通称は庄三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲葉高道(2代)の関連キーワード陶工

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android