弛張(読み)しちょう

精選版 日本国語大辞典「弛張」の解説

し‐ちょう ‥チャウ【弛張】

〘名〙
① ゆるむこととはること。
※菅家文草(900頃)五・弓「烏号得旧弓、業在張名
※春寒(1921)〈寺田寅彦〉「音の高低や弛張につれて私の情緒も波のやうに動いて行った」
② ゆるやかなことときびしいこと。寛大と厳格緩急
※三代格‐一・貞観格序(869)「秦漢不其民、弛張非一」
※松井本太平記(14C後)一九「異国には趙盾、吾朝に、義朝、其外、泛々(はんはん)たる類、勝(あげて)(かぞ)ふべからず、用捨なくして、弛張(シちゃう)時、明王の撰士徳也」 〔韓非子‐解老〕

ち‐ちょう ‥チャウ【弛張】

〘名〙 (「弛張(しちょう)」の慣用読み)
① ゆるむことと張ること。寛大と厳格。
※太平記(14C後)二〇「孫権は弛張(チチャウ)時有て士を労らひ衆を撫でしか
② 実際に病気が軽快するのでなく、一時的に症状が減退すること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「弛張」の解説

し‐ちょう〔‐チヤウ〕【×弛張】

[名](スル)
ゆるむことと張ること。
「音の高低や―につれて」〈寅彦・春寒〉
寛大にすることと厳格にすること。「弛張よろしきを得た政治」

ち‐ちょう〔‐チヤウ〕【×弛張】

[名](スル)しちょう(弛張)」の慣用読み。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「弛張」の解説

【弛張】しちよう(ちやう)

緩急。〔礼記、雑記下〕張りて弛めざるは、も能くせざるなり。弛めて張らざるは、武も爲さざるなり。一張一弛は、武のなり。

字通「弛」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報