コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂高温泉 ほたかおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穂高温泉
ほたかおんせん

長野県西部,安曇野市の北部にある温泉。飛騨山脈燕岳山麓にある中房温泉からの引き湯で開かれたもので,泉質硫黄泉泉温は 65~90℃。静かな環境は保養に向き,ワサビ田や道祖神めぐりなど,安曇野観光の基地としても利用される。市営宿舎に隣接して,寝湯や打たせ湯など,各種浴槽を備えた温泉保養施設がある。国民保養温泉地に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

穂高温泉
ほたかおんせん

長野県中西部、安曇野(あづみの)市穂高にある温泉。中房川の扇頂部に位置する。昭和40年代に中房温泉から引き湯したもので、アカマツやカラマツ林の中にホテル・旅館が点在する。泉質は硫黄泉。JR大糸線穂高駅から中房温泉行きのバスがある。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

穂高温泉の関連キーワード岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂新穂高[温泉]栃尾[温泉]日本アルプス岐阜県高山市新穂高温泉穂高温泉郷栃尾温泉中尾温泉双六岳笠ヶ岳穂高岳上宝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

穂高温泉の関連情報