コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安曇野 あずみの

7件 の用語解説(安曇野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安曇野
あずみの

長野県西部,松本盆地梓川以北に広がる平地。安曇野市に属する。西方に連なる飛騨山脈の前山から流出する河川によって形成された複合扇状地。米作が盛んで,「信州の穀倉」といわれ,臼井吉見の小説『安曇野』 (1973完成) によって全国的に有名になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あずみ‐の〔あづみ‐〕【安曇野】

長野県安曇野(あづみの)市を中心に、松本盆地の梓川(あずさがわ)以北、大町市付近までの地域名。湧水を利用したワサビ田で知られる。安曇平(あずみだいら)。
安曇野(あづみの)
臼井吉見長編小説を舞台に明治から昭和の時代を描いた大河小説。昭和40年(1965)第1部刊。昭和49年(1974)、完結編である第5部刊。同年、第10回谷崎潤一郎賞受賞。

あづみの【安曇野】

長野県中西部にある市。犀川が縦貫し、ワサビ・ソバなどの栽培が盛ん。平成17年(2005)10月に明科(あかしな)町・豊科(とよしな)町・穂高町・三郷村・堀金村が合併して成立。人口9.6万(2010)。
[補説]新市名では「あずみの」ではなく、歴史的仮名遣いである「あづみの」が使われることとなった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あずみの【安曇野】

松本盆地の別名。また、松本盆地のうち、梓川以北の地方名。
長野県中部、松本盆地にある市。西部は中部山岳国立公園の山岳地帯、東部は、「安曇野」とよばれる平坦な複合扇状地。湧水を利用したワサビ栽培で知られる。常念岳、槍ヶ岳などへの登山口。 〔市名の仮名表記は「あづみの」〕

あづみの【安曇野】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安曇野
あずみの

長野県中央部、松本盆地の北半分の平坦(へいたん)地をさす地方名。上高地(かみこうち)方面から流出する梓(あずさ)川以北の地域をいう。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安曇野の関連情報