コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燕岳 つばくろだけ

6件 の用語解説(燕岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

燕岳
つばくろだけ

長野県北西部,飛騨山脈の前山をなす山。大町市安曇野市の境に位置し,標高 2763m。花崗岩からなる。山容が翼を広げたツバメに似ていることからその名がついた。高山植物が豊富。大天井岳槍ヶ岳を経て上高地へ通じる,北アルプスの「表銀座」縦走路の北端にあたり,東麓の中房温泉は登山拠点となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つばくろ‐だけ【燕岳】

長野県北西部、大町市と安曇野(あづみの)市との境にある山。飛騨山脈中部に位置する。標高2763メートル。花崗岩からなり、山頂一帯は風化により独特の景観が連なる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

燕岳【つばくろだけ】

長野県,飛騨山脈中央の東縁にある山。標高2763m。北に後立山の諸峰,西に高瀬川をはさんで野口五郎岳三俣蓮華岳,南に槍ヶ岳を望む。花コウ岩類からなり,白い山はだとハイマツの景観が特徴。
→関連項目常念岳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つばくろだけ【燕岳】

飛驒山脈中部,長野県大町市と南安曇(みなみあずみ)郡穂高町との境界に位置する山。標高2763m。飛驒山脈の前山をなす常念山脈はこの付近からはじまり,大天井(おてんしよう)岳常念岳,大滝山と南に続く。燕岳の山名は,ツバメが羽根を広げたような山容によるとも,ツバメが多くすむことによるともいう。山頂付近に南北に連なる稜線は標高約2700mの定高性であり,古くは屛風(びようぶ)岳ともよばれた。山体は中生代白亜紀の花コウ岩で構成されており,森林限界を越える稜線部はマサ(真砂)に風化した砂礫地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕燕岳(つばくろだけ)


長野県西部、松本(まつもと)盆地の北西方にある山。飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)の前山をなす常念(じょうねん)山脈の北部に位置する。標高2763m。稜線(りょうせん)に花崗(かこう)岩が露出、北アルプスの全容が展望できる。中部山岳(ちゅうぶさんがく)国立公園に属す。山頂付近はコマクサ・シナノキンバイなどの乾生高山植物群落。東側山麓(さんろく)に中房(なかぶさ)温泉がわく。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

燕岳
つばくろだけ

長野県西部、北アルプスの南東部にある山。標高2763メートル。常念(じょうねん)岳、大天井(だいてんじょう)岳とともに常念山脈を形成し、槍ヶ岳(やりがたけ)などの前山にあたる。山頂一帯は花崗(かこう)岩の裸地で白く輝いている。山容が燕(つばめ)が羽を広げているようだとか、燕が多いことから燕岳の名がついたといわれる。山頂からの展望はすばらしく、「2000尺(約700メートル)以上の山が94見える」といわれ、西方に高瀬渓谷を隔てて三俣蓮華(みつまたれんげ)岳、南西に槍ヶ岳、穂高(ほたか)岳など、北方に白馬(しろうま)岳や後立山(うしろたてやま)連峰、さらに富士山、南アルプス、浅間山、八ヶ岳(やつがたけ)など、本州中央部の高山を一望することができる。山頂から約1キロメートル南に施設の整った山小屋がある。山麓(さんろく)の中房(なかぶさ)温泉から約6時間の行程でこの山小屋に着く。大天井岳を経て槍ヶ岳への表銀座縦走路の起点にあたり、登山入門者向けの北アルプスでは人気のある山の一つである。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

燕岳の関連情報