コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中房温泉 なかぶさおんせん

2件 の用語解説(中房温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中房温泉
なかぶさおんせん

長野県北西部,燕岳の東麓,標高 1460mの場所に位置する温泉。中房川の渓谷沿いにあり,安曇野市に属する。泉質は硫黄泉。泉温 70~97℃。湯量は豊富。胃腸病,関節痛,神経痛に特効があるといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中房温泉
なかぶさおんせん

長野県西部、安曇野(あづみの)市穂高(ほたか)地区にある国民保養温泉地。北アルプス燕岳東麓(つばくろだけとうろく)の標高1462メートルにあり、中房渓谷に沿う。平安時代に坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)がこの温泉を訪れたという伝説がある。旅館は一軒で周辺至る所に噴泉がある。泉質は硫黄泉。燕岳登山の基地で、自炊もできる。JR大糸線有明(ありあけ)駅からバス1時間。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中房温泉の関連キーワード燕岳小谷斑尾高原中房[温泉]長野県北安曇郡池田町長野県北安曇郡小谷村長野県北安曇郡長野県北安曇郡白馬村長野県北安曇郡松川村長野県北佐久郡立科町茂田井

中房温泉の関連情報