コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中房温泉 なかぶさおんせん

2件 の用語解説(中房温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中房温泉
なかぶさおんせん

長野県北西部,燕岳の東麓,標高 1460mの場所に位置する温泉。中房川の渓谷沿いにあり,安曇野市に属する。泉質は硫黄泉。泉温 70~97℃。湯量は豊富。胃腸病,関節痛,神経痛に特効があるといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中房温泉
なかぶさおんせん

長野県西部、安曇野(あづみの)市穂高(ほたか)地区にある国民保養温泉地。北アルプス燕岳東麓(つばくろだけとうろく)の標高1462メートルにあり、中房渓谷に沿う。平安時代に坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)がこの温泉を訪れたという伝説がある。旅館は一軒で周辺至る所に噴泉がある。泉質は硫黄泉。燕岳登山の基地で、自炊もできる。JR大糸線有明(ありあけ)駅からバス1時間。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

中房温泉の関連キーワード寛正とよた日本語学習支援システムAIJ事件寛正祝允明ダビット長禄日朝キブ湖伊勢貞親

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中房温泉の関連情報