穏座(読み)オンザ

大辞林 第三版の解説

おんざ【穏座】

節宴や大饗たいきようなどの正式の宴のあとに設けられるくつろいだ席。穏の座。 「上卿以下-に着く/西宮記」 → 宴座
食事で、最後に出る食物。 〔日葡〕
時期に遅れてとれる果物や野菜。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の穏座の言及

【宴会】より

…これは平安時代の史料にみられ,陣座(じんのざ)における公卿の仗議(政務の審議)が終わったのち,あるいは太政官での定考(こうじよう),列見(れつけん)の儀が終了したのちなど,政務のあとで酒肴が供される。このような場合には,正式の饗宴のあとでしばしば穏座(おんざ)といわれる二次会も行われる。同じ政務にともなう宴会で,これとやや異なるものもある。…

【酒】より

…勧盃あるいは三献はあくまで儀礼であり,これを宴座(えんのざ)と称した。これに続く穏座(おんざ)はかなり自由にふるまえるものであった。また天皇から殿上人に酒をたまわる淵酔(えんずい)と呼ばれる酒宴も催されていた。…

※「穏座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android