コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空戦法規 くうせんほうき

2件 の用語解説(空戦法規の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空戦法規
くうせんほうき

空戦に関する諸規則の総体をいう。 1922年ハーグ法律家委員会が「空戦に関する規則案」 (ハーグ空戦規則案) を作成したが,これを討議するための国際会議が開催されていないために,いまなお草案に終わっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

空戦法規【くうせんほうき】

空中戦闘および空中からの攻撃についての国際法上の規則。航空機の急速な発達によって,空戦の重要性は増大したが,陸戦法規海戦法規に比べ,空戦法規は十分に整備されていない。
→関連項目無差別爆撃

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

空戦法規の関連キーワードブラジル文学宮嶋資夫宗谷本線日本共産党チーホノフ岡村司クニッピングスコット田中源太郎ノット

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone