コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空戦法規 くうせんほうき

2件 の用語解説(空戦法規の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空戦法規
くうせんほうき

空戦に関する諸規則の総体をいう。 1922年ハーグ法律家委員会が「空戦に関する規則案」 (ハーグ空戦規則案) を作成したが,これを討議するための国際会議が開催されていないために,いまなお草案に終わっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

空戦法規【くうせんほうき】

空中戦闘および空中からの攻撃についての国際法上の規則。航空機の急速な発達によって,空戦の重要性は増大したが,陸戦法規海戦法規に比べ,空戦法規は十分に整備されていない。
→関連項目無差別爆撃

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

空戦法規の関連キーワードブランド価値海商法議院規則行政規則様式開戦に関する条約《空気に関する諸実験》国際航空運送についてのある規則の統一に関する条約船荷証券に関するある規則の統一のための国際条約命令ノ条項違犯ニ関スル罰則ノ件

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone