コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空戦法規 くうせんほうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空戦法規
くうせんほうき

空戦に関する諸規則の総体をいう。 1922年ハーグ法律家委員会が「空戦に関する規則案」 (ハーグ空戦規則案) を作成したが,これを討議するための国際会議が開催されていないために,いまなお草案に終わっている。このなかには無防守都市 (→非武装都市 ) に対する攻撃は軍事目標のみに限定され,民間のものに関しては攻撃を禁止する軍事目標主義などの制約が含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

空戦法規【くうせんほうき】

空中戦闘および空中からの攻撃についての国際法上の規則。航空機の急速な発達によって,空戦の重要性は増大したが,陸戦法規海戦法規に比べ,空戦法規は十分に整備されていない。
→関連項目無差別爆撃

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

空戦法規の関連キーワードハーグ平和会議軍用機

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android