コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍事目標主義 ぐんじもくひょうしゅぎdoctrine of military objective

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍事目標主義
ぐんじもくひょうしゅぎ
doctrine of military objective

戦時の砲爆撃を軍事的目標にのみ限定しようとする考え方をいう。軍事的必要性と人道的考慮の両面から認められてきたが,第2次世界大戦中の地域爆撃,戦略都市爆撃,核兵器等の大量破壊兵器の使用などには,この主義と相いれないものがある。軍事目標の概念を明確にすることはむずかしく,また総力的な現代戦においてはこの主義を厳格に適用することが困難になってきているが,他方軍事技術の進歩により再び軍事目標主義を実行する可能性が生れている。 1991年の湾岸戦争において,目標指示装置を装備した爆撃機誘導兵器により,いわゆるピンポイント攻撃が行われたのはその例である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぐんじもくひょうしゅぎ【軍事目標主義 doctrine of military objective】

戦争において,軍事目標と非軍事物を区別し,前者に対する砲爆撃のみを許容するという国際法上の原則。つまり無差別的な砲爆撃(無差別爆撃)の禁止である。この主義は1907年ハーグ陸戦規則25条に無防守都市(無防備都市)に対する攻撃・砲撃の禁止として表現され,空戦について23年ハーグ空戦規則(案)24条は,空中爆撃が軍事目標に対して行われる場合にのみ適法であるとした。ここにいう軍事目標とは〈その破壊または毀損(きそん)が明らかに軍事的利益を交戦者に与えるような目標〉とされていたが,今日ではより厳格に,その性質,位置,用途または使用上,軍事行動に役だち,かつその破壊,毀損,捕獲または無力化がそのときの状況において明確な軍事的利益をもたらすものをいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

軍事目標主義の関連キーワード原爆判決原爆訴訟空戦法規戦時

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android