コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

透き/隙 スキ

デジタル大辞泉の解説

すき【透き/隙】

物と物との間。間隙(かんげき)。すきま。「戸に―がある」「割り込む―もない」
引き続いている物事の絶え間。合間。ひま。「仕事の―をみつける」「手―のとき」
気のゆるみ。油断。また、つけいる機会。「相手の―につけこむ」「―をねらう」「―を見せる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

透き/隙の関連キーワード木地蝋塗り・木地蠟塗り・木地蝋塗・木地蠟塗研ぎ出し蒔絵・研出し蒔絵木地蝋漆・木地蠟漆白檀塗り・白檀塗唐塗り・唐塗透し入り紙研出し蒔絵伸し単衣飛騨春慶透かし扇透かし織透かし絵透かし門白檀磨き木地蝋塗ぼうぞくせめて絶え間隔たる御来光

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android