コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

透き/隙 スキ

デジタル大辞泉の解説

すき【透き/隙】

物と物との間。間隙(かんげき)。すきま。「戸に―がある」「割り込む―もない」
引き続いている物事の絶え間。合間。ひま。「仕事の―をみつける」「手―のとき」
気のゆるみ。油断。また、つけいる機会。「相手の―につけこむ」「―をねらう」「―を見せる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

透き/隙の関連キーワード木地蝋塗り・木地蠟塗り・木地蝋塗・木地蠟塗研ぎ出し蒔絵・研出し蒔絵木地蝋漆・木地蠟漆白檀塗り・白檀塗唐塗り・唐塗透し入り紙研出し蒔絵伸し単衣飛騨春慶透かし織透かし絵目塞き垣透かし門透かし扇白檀磨き木地蝋塗ぼうぞく隔たる御来光絶え間

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android