立(ち)後れる/立(ち)遅れる(読み)タチオクレル

デジタル大辞泉の解説

たち‐おく・れる【立(ち)後れる/立(ち)遅れる】

[動ラ下一][文]たちおく・る[ラ下二]
人より遅く立ち上がる。「相手力士に―・れる」
人よりおくれて物事に着手する。先を越される。また、遅くなって時機を失う。「選挙運動に―・れる」
物事の進歩などが標準より劣る。「社会保障制度が―・れている」
死に遅れる。先に死なれる。
「睦(むつ)ましかるべき人にも―・れはべりにければ」〈若紫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android