コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立(ち)後れる/立(ち)遅れる タチオクレル

デジタル大辞泉の解説

たち‐おく・れる【立(ち)後れる/立(ち)遅れる】

[動ラ下一][文]たちおく・る[ラ下二]
人より遅く立ち上がる。「相手力士に―・れる」
人よりおくれて物事に着手する。先を越される。また、遅くなって時機を失う。「選挙運動に―・れる」
物事の進歩などが標準より劣る。「社会保障制度が―・れている」
死に遅れる。先に死なれる。
「睦(むつ)ましかるべき人にも―・れはべりにければ」〈若紫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

立(ち)後れる/立(ち)遅れるの関連キーワード物事

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android