コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立(ち)後れる/立(ち)遅れる タチオクレル

デジタル大辞泉の解説

たち‐おく・れる【立(ち)後れる/立(ち)遅れる】

[動ラ下一][文]たちおく・る[ラ下二]
人より遅く立ち上がる。「相手力士に―・れる」
人よりおくれて物事に着手する。先を越される。また、遅くなって時機を失う。「選挙運動に―・れる」
物事の進歩などが標準より劣る。「社会保障制度が―・れている」
死に遅れる。先に死なれる。
「睦(むつ)ましかるべき人にも―・れはべりにければ」〈若紫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

立(ち)後れる/立(ち)遅れるの関連キーワード物事

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android