機械文明(読み)きかいぶんめい(英語表記)machine civilization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

機械文明
きかいぶんめい
machine civilization

道具が機械に置き換えられることにより,人間社会の生産力は増大したが,反面,機械をつくりだした人間が逆に機械に使われる事態となったばかりでなく,人間社会そのものが機械化され,複雑な社会機構を生んだ。この文明形態(→文明)を機械文明という。この社会においては,機械を媒介とする人間の意思疎通,すなわちマス・コミュニケーションの発達がもたらされ,不特定多数の大衆社会における文化の画一化や個人の部分品化が促された。大衆社会の成立は,機械文明の所産であるといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きかいぶんめい【機械文明】

産業革命以後、手工業に代わって、機械による大量生産が行われるようになった近代資本主義の文明。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きかい‐ぶんめい【機械文明】

〘名〙 一八世紀後半の産業革命以後、手工用具に代わって、機械の発達から大量生産が行なわれるようになり、進歩発展した近代文明の一面をいう。
※女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉二「紡織工場は最も機械文明の粋を蒐めたもので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

機械文明の関連情報