コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遅れる/後れる オクレル

デジタル大辞泉の解説

おく・れる【遅れる/後れる】

[動ラ下一][文]おく・る[ラ下二]
他のものよりあとになる。取り残される。「前の走者に―・れまいとして必死に走る」「流行に―・れる」「勉強が人より―・れる」
進み方が標準・基準より遅くなる。「今年は開花が―・れている」「時計が―・れている」⇔進む
決められた時刻・期限よりあとになる。また、それに間に合わない。「出発時間が―・れる」「門限に―・れる」
(後れる)親しい人に先立たれる。自分だけが生き残る。「妻に―・れる」
(後れる)気おくれがする。臆する。
「―・れた様子もなく」〈鴎外
他の人に及ばない。
「和歌のかたや少し―・れ給へりけむ」〈大鏡伊尹

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

遅れる/後れるの関連キーワード今日の一針明日の十針一時違えば三里の遅れ申し遅れる・申遅れる咲き遅れる・咲遅れるクリティカルタスク仕上がり・仕上り手遅れ・手後れ小便一町糞一里子宮内栄養不良側杖を食うラガード周回遅れ寝過ぎる中断反応ずれ込むないのか遅れ馳せなんざあ逃遅れるべた遅れ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android