コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遅れる/後れる オクレル

デジタル大辞泉の解説

おく・れる【遅れる/後れる】

[動ラ下一][文]おく・る[ラ下二]
他のものよりあとになる。取り残される。「前の走者に―・れまいとして必死に走る」「流行に―・れる」「勉強が人より―・れる」
進み方が標準・基準より遅くなる。「今年は開花が―・れている」「時計が―・れている」⇔進む
決められた時刻・期限よりあとになる。また、それに間に合わない。「出発時間が―・れる」「門限に―・れる」
(後れる)親しい人に先立たれる。自分だけが生き残る。「妻に―・れる」
(後れる)気おくれがする。臆する。
「―・れた様子もなく」〈鴎外
他の人に及ばない。
「和歌のかたや少し―・れ給へりけむ」〈大鏡伊尹

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android