竜泉洞(読み)りゅうせんどう

百科事典マイペディア「竜泉洞」の解説

竜泉洞【りゅうせんどう】

岩手県岩泉町の石灰岩地域にある大石灰洞(天然記念物)。江戸時代には岩泉洞窟とみえる。総延長約2500m,地下水が石灰岩を溶かし,石筍(せきじゅん)や鍾乳石がある。洞内にウサギコウモリなど(天然記念物)が生息。北部に安家洞(あっかどう)がある。
→関連項目岩泉[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「竜泉洞」の解説

りゅうせん‐どう【竜泉洞】

岩手県中東部、下閉伊(しもへい)郡岩泉町にある鍾乳洞(しょうにゅうどう)。地底湖は透明度が高く、名水として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「竜泉洞」の解説

りゅうせんどう【竜泉洞】

岩手県中東部,下閉伊(しもへい)郡岩泉町にある鍾乳洞。宇霊羅(うれら)山(625m)の東麓に開口し,秋芳洞(山口),竜河洞(高知)とともに日本の三大鍾乳洞とされる。南北に延びる安家(あつか)石灰岩層中に発達し,コウモリ穴,亀岩支洞など多くの支洞がある。主洞の総延長はすでに知られている部分だけで2500m以上あり,豊かな清水が地下川をなして流れていることと,深い地底湖があることが特徴で,〈岩泉湧窟(わつくつ)〉とも呼ばれ,洞内に生息する5種のコウモリ(ウサギコウモリ,キクガシラコウモリなど)とともに天然記念物に指定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる