竜河洞(読み)りゅうがどう

百科事典マイペディア「竜河洞」の解説

竜河洞【りゅうがどう】

高知県土佐山田町(現・香美市)にある鍾乳(しょうにゅう)洞(天然記念物・史跡)。三宝山の中腹にあり,洞の延長4.3km。1931年発見。東西の2洞に分かれ,洞内は変化に富み,弥生(やよい)時代の住居遺跡もある。入口付近には博物館,珍鳥センターがあり,土讃線土佐山田駅などからバス。野市町(現・香南市)から竜河洞スカイラインが通じる。
→関連項目鍾乳洞土佐山田[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「竜河洞」の解説

りゅうがどう【竜河洞】

高知県中東部,香美(かみ)郡土佐山田町の,三宝山(323m)中腹にある鍾乳洞。天然記念物,史跡に指定されている。石灰岩が地下水の溶解作用を受けて形成された洞内は総延長約4kmに及ぶ。東,中央,西の三つの主洞のほか多数の支洞に分かれ,約1kmが観光コースとして開発されている。鍾乳石石筍,石柱が幻想的景観を展開し,雪花殿,万象殿,天降石などの名が付けられている。また大小20の地下滝のほか,随所に流礫棚や甌穴(おうけつ)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android