コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜河洞 リュウガドウ

4件 の用語解説(竜河洞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りゅうが‐どう【竜河洞】

高知県中部、香美(かみ)市にある三宝山の鍾乳洞。洞内に弥生時代の穴居遺跡がある。天然記念物および史跡。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

竜河洞【りゅうがどう】

高知県土佐山田町(現・香美市)にある鍾乳(しょうにゅう)洞(天然記念物・史跡)。三宝山の中腹にあり,洞の延長4.3km。1931年発見。東西の2洞に分かれ,洞内は変化に富み,弥生(やよい)時代の住居遺跡もある。
→関連項目鍾乳洞土佐山田[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうがどう【竜河洞】

高知県中東部,香美(かみ)郡土佐山田町の,三宝山(323m)中腹にある鍾乳洞。天然記念物,史跡に指定されている。石灰岩が地下水の溶解作用を受けて形成された洞内は総延長約4kmに及ぶ。東,中央,西の三つの主洞のほか多数の支洞に分かれ,約1kmが観光コースとして開発されている。鍾乳石,石筍,石柱が幻想的景観を展開し,雪花殿,万象殿,天降石などの名が付けられている。また大小20の地下滝のほか,随所に流礫棚や甌穴(おうけつ)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone