コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜河洞 リュウガドウ

4件 の用語解説(竜河洞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りゅうが‐どう【竜河洞】

高知県中部、香美(かみ)市にある三宝山の鍾乳洞。洞内に弥生時代の穴居遺跡がある。天然記念物および史跡。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

竜河洞【りゅうがどう】

高知県土佐山田町(現・香美市)にある鍾乳(しょうにゅう)洞(天然記念物・史跡)。三宝山の中腹にあり,洞の延長4.3km。1931年発見。東西の2洞に分かれ,洞内は変化に富み,弥生(やよい)時代の住居遺跡もある。
→関連項目鍾乳洞土佐山田[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうがどう【竜河洞】

高知県中東部,香美(かみ)郡土佐山田町の,三宝山(323m)中腹にある鍾乳洞。天然記念物,史跡に指定されている。石灰岩が地下水の溶解作用を受けて形成された洞内は総延長約4kmに及ぶ。東,中央,西の三つの主洞のほか多数の支洞に分かれ,約1kmが観光コースとして開発されている。鍾乳石,石筍,石柱が幻想的景観を展開し,雪花殿,万象殿,天降石などの名が付けられている。また大小20の地下滝のほか,随所に流礫棚や甌穴(おうけつ)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りゅうがどう【竜河洞】

高知県香美市土佐山田町逆川さかかわにある鍾乳洞。天然記念物。出口付近に穴居生活の遺跡と考えられる竜河洞遺跡(史跡)がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竜河洞の関連キーワード高知平野物部川香美土佐本土佐松翁土佐さめうら文佳人繁藤災害井上忠右衛門

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone