コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前立物 まえだてもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前立物
まえだてもの

兜の鉢を装飾する立物の一種。眉庇 (まびさし) の正面中央に鍍金鍬形台を打って立物を差すが,そのおもなものは鍬形で,室町時代以降,剣形,あるいは竜頭獅子頭,しょうぶ,稲穂,かしわ葉,日,月,家紋など,各種の形象前立物が出現した。なお室町時代末期からは兜の両側に角元 (つのもと) をつけ,鹿角,牛角,天衝 (てんつき) ,火炎などの脇立 (わきだて) を立てた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

まえだてもの【前立物】

かぶとの立物たてもののうち前面に付けられたもの。鍬形くわがた・半月・天衝てんつきなど。前立。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

前立物の関連キーワード三つ鍬形御祓立て御祓立変り兜三鍬形大立物高角

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android