コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ばん

7件 の用語解説(幡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ばん

サンスクリット語の patākāの訳語で,波多迦とも音写する。平安時代の『倭名類聚抄』では「波多 (はた) 」と和訓。仏教で,仏菩薩の威徳を示す荘厳 (しょうごん) の一つ。材料によって裂製幡,金銅幡,糸幡,玉幡,板幡,紙幡などに分けられ,その他,色相,大きさによって区別がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はん【幡】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ハン(漢) バン(慣) マン(慣)
旗。のぼり。「幡竿(はんかん)/幢幡(どうばん)
[難読]八幡(はちまん)八幡(ばはん)八幡(やわた)八幡(やはた)

ばん【×幡】

《〈梵〉patākāの訳》仏・菩薩(ぼさつ)の威徳を示すための仏具で、法要や説法のとき、寺院の境内や堂内に立てる飾り布。三角形の首部の下に方形の身をつけ、その下に数本の脚を垂らしたもの。はた。

まん【幡】[漢字項目]

はん

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ばん【幡】

仏や菩薩などを荘厳・供養し,その威徳を標示する旗のこと。旛とも書く。サンスクリットのパターカーpatākāの訳。同じような旗に幢(どう)(サンスクリットでドバジャdhvaja)があり,〈幢幡〉と熟語にしていわれることもあるが,両者の区別は必ずしも明確ではない。幡には種々の功徳があるとされ,またその素材や形状,立てる目的などによって,玉幡(ぎよくばん∥たまのはた)(宝玉で装飾した幡),平幡(ひらはた)(平絹の幡),糸幡(いとばた)(糸を束ねた幡),五色幡(青・黄・赤・白・黒の5色の幡),灌頂幡(かんぢようばん)(幡が灌頂の功徳を備えることからいう),命過幡(みようかばん)(薦亡幡(せんもうばん)ともいい,死者の追善のために立てる幡),続命神幡(ぞくみようしんばん)(延命を祈って立てる幡),送葬幡(葬列に用いる幡)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ばん【幡】

〘仏〙 仏・菩薩の権威や力を示す荘厳具しようごんぐとして用いる旗の総称。 → どう

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ばん

(ぶつ)・菩薩(ぼさつ)の威徳を示す荘厳(しょうごん)具。梵語(ぼんご)のパターカーpatkに由来し、古代インドの軍旗が源流で、初めは仏教教団の標章に用いられたが、のちに法会や説法のとき堂内や境内にかける荘厳具となった。材質的には布製の裂(きれ)幡が多く、ほかに金銅幡、玉(ぎょく)幡などがあり、用途により内・外(げ)陣幡、灌頂(かんじょう)幡、命過(みょうか)幡、送葬幡などとよばれる。また色や模様によって青幡、五色幡、仏像幡、菩薩幡、種子(しゅじ)幡、三昧耶(さまや)幡など各種ある。通常、舌(ぜつ)をもつ三角形の幡頭の下に、長方形の幡身、その両わきに幡手、幡身の下に幡足をつける。幡身は3~4坪にくぎられるのが通例で、竿(さお)の先端につけた竜頭の口に吊(つり)金具でかけて用いることが多い。金銅幡は透(すかし)彫り、線彫りを施した金銅板を蝶番(ちょうつがい)、針金でつなぎ合わせ、玉幡は各種の玉をつないだものである。
 わが国では飛鳥(あすか)・奈良時代に優品が多く、法隆寺伝世品には蜀江錦(しょっこうきん)で仕立てた聖徳太子ゆかりの間道(かんどう)小幡(国指定重要文化財)、全長5メートルに及ぶ献納宝物の金銅灌頂幡(国宝、東京国立博物館)が名高く、正倉院にも聖武(しょうむ)天皇一周忌法要が東大寺で営まれたとき使われた数百旒(りゅう)の錦・羅(ら)の幡のほか、金銅幡四旒など多数が残っている。平安後期の遺品では岩手・中尊寺金色院の幡頭二枚と、迦陵頻伽文(かりょうびんがもん)を表した幡身一坪の金銅幡がよく知られる。玉幡は広島・厳島(いつくしま)神社の「平家納経」の安楽行品(ぼん)の見返しに描かれた絵によって平安時代の姿をうかがい知ることができるが、当時の遺例はなく、金銅板製の幡足などに玉を用いた室町時代以降のものがほとんどである。[原田一敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【荘厳具】より

…仏教用語で,荘厳とは諸種の宝や華,もしくは宝蓋,幢幡(どうばん),瓔珞(ようらく)などをもって道場(寺院)や国土,仏・菩薩身を装飾する,つまり立派に飾ることであり,具はそのために用いる道具,器具,仏具をいう。古来,寺院や仏殿を建て,仏像を安置し,その仏像や堂塔の内外を装飾するのは仏の偉徳の顕現であり,恭敬尊重の心をあらわし,かつ礼拝者をして敬虔の思いが生じるよう図ったものである。…

【染色】より

…第2は752年(天平勝宝4)の大仏開眼の大法会に用いられた楽装束で,錦や綾,羅,紗,絹,絁,麻など種々の裂地が使われており,(夾)纈﨟纈纐纈(こうけち)で種々の文様を染め上げたものがみられる。第3は757年(天平宝字1)の聖武天皇一周忌斎会における仏殿荘厳の幡(ばん)の類で,錦や綾や羅,平絹が用いられ,纈や刺繡,彩絵などが施されているものがある。第4は東大寺造営に従事した人々に支給し,使用後返納されたもので,ほとんど麻の生地であるが,赤や黄,茶,紺などに染められたものもある。…

※「幡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

幡の関連キーワード威徳開眼供養法結印浄土往生八供跡を垂る応護弘誓相権迹

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

幡の関連情報