コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜駕 リュウガ

5件 の用語解説(竜駕の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐が【竜×駕】

りょうが(竜駕)

りょう‐が【×駕】

天子の乗用する車。りゅうが。
「翌日―をめぐらして六波羅へなしまゐらせんとしけるを」〈太平記・三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竜駕 りゅうが

1744-1812 江戸時代中期-後期の画僧。
延享元年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の人。大津の真宗大谷派長寿寺住職。与謝蕪村(よさ-ぶそん)にまなび,京都で大火にあった同門の紀梅亭(きの-ばいてい)を大津にまねいたという。文化9年5月6日死去。69歳。法名は覚什。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

りゅうが【竜駕】

りょうが【竜駕】

天子の乗り物。りゅうが。 「翌日-を廻して六波羅へ成進らせんとしけるを/太平記 3

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竜駕の関連キーワード荒木呉橋奥村茶山藕華島篆癖寂翁田中帰春出目満真三縄桂林森川袁丁山本順天

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone