コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜駕 リュウガ

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐が【竜×駕】

りょうが(竜駕)

りょう‐が【×駕】

天子の乗用する車。りゅうが。
「翌日―をめぐらして六波羅へなしまゐらせんとしけるを」〈太平記・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竜駕 りゅうが

1744-1812 江戸時代中期-後期の画僧。
延享元年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の人。大津の真宗大谷派長寿寺住職。与謝蕪村(よさ-ぶそん)にまなび,京都で大火にあった同門紀梅亭(きの-ばいてい)を大津にまねいたという。文化9年5月6日死去。69歳。法名は覚什。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうが【竜駕】

りょうが【竜駕】

天子の乗り物。りゅうが。 「翌日-を廻して六波羅へ成進らせんとしけるを/太平記 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

竜駕の関連キーワード隆・柳・流・溜・留・硫・立・竜・粒・隆・龍画僧竜車大駕

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android