コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

童養媳 トンヤンシーtóng yǎng xí

世界大百科事典 第2版の解説

トンヤンシー【童養媳 tóng yǎng xí】

成年前の幼女,少女を買い育てて将来男児の妻とする旧中国の婚姻制度の一つ。〈養媳〉〈養媳婦〉〈苗媳〉ともいう。〈媳〉〈媳婦〉は嫁の意。男児誕生を見越して買う場合もあった。親,子供の世話以外に雑役に使われ,一種の家内奴隷ともみられる。古くすでに宋・元時代の記録に見え,旧社会の潜在的な結婚難を背景に,貧家の口減らし,労働力確保の意味合いをもち,新中国成立まで全国的に行われていた。【鈴木 健之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

童養
とんやんしー

幼女をもらって育て、年ごろになって自分の息子の配偶者とする旧中国の風習。日本語読みでは「どうようせき」。もらう際に、少額ながら聘金(へいきん)(花嫁代償としての現金)を与える。1歳であっても花嫁として入家するので、養女と同時に婚入者としての地位をもち、以後両家は姻戚(いんせき)関係で結ばれる。しかし、成人し夫婦となるまでは、完全な妻として扱われるわけではなく、養親の葬式にはその家の娘と同じ喪服を着る。華北からの報告もないわけではないが、華南に多く、とくに福建省の中流以下の層ではこの形式が広くみられたという。目的としては、成人の花嫁では聘金が高額なのでそれを節約するためと、姑(しゅうとめ)が嫁のしつけを幼時から行うので嫁姑関係が円滑にゆくことのほか、幼女が成人するまでの間の労働力も利用できる点があげられる。しばしば、幼い嫁というより婢女(ひじょ)のように酷使され、清(しん)朝時代にもその虐待禁止令が出されるほどであった。兄弟姉妹として育てられた当事者が夫婦となることには、とまどいと忌避の感情が強かったが、親が強制的に抑え、いっしょにさせていたというのが実情であったらしい。このことは、台北近郊のA・ウルフの調査で、1910年以降若者たちが都市に職をみつけ自立できるようになると、ほとんどが親の反対を押し切って他出してしまったこと、それ以前に結婚した夫婦も、離婚や婚外性交渉など婚姻への不適応が、他人同士の結婚に比べ高い頻度でみいだされるという報告からも推測される。[末成道男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の童養媳の言及

【婚姻】より

… 幼女を婚約してそれと同時に婚家の養女として引き渡すことがあった。この幼女を童養媳(トンヤンシー)と言う。このとき男女が成長して婚姻可能の年齢に達すると,改めて儀式を挙げることもなく,たんに親の指図によってある日から夫婦生活に入るのが普通であった。…

【幼児婚】より

…契約と同棲が別々に行われる場合には,幼児婚約と区別し難い。中国で行われていた〈童養媳(トンヤンシー)〉のように,幼時からの同棲は,成人後の相手への性的関心を減退させるという報告もある。したがって,この場合は当人どうしの性的関係よりも,高額の花嫁代償を払えない親が息子の嫁を幼女のうちに安く買い取って,その労働力を早くから利用し,幼時からのしつけを自ら行うことによって,成人後の嫁姑関係を円滑にしようとするものと言えよう。…

※「童養媳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android