コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花嫁代償 はなよめだいしょう

百科事典マイペディアの解説

花嫁代償【はなよめだいしょう】

bridewealthの訳。婚資とも。結婚に当たって婿側親族が嫁側親族に対し手渡す物品または金銭。結婚の安定を保証するための制度であり,成員である娘を手放した集団の経済的・精神的損失に対する代償とみなされる。
→関連項目購買婚

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はなよめだいしょう【花嫁代償 bridewealth】

婚姻に際し花婿側から花嫁側に代償として贈られる財貨およびサービス。婚資という語が用いられることもあるが,これは持参財あるいは婚姻に要する費用や資金の意味にも解されるので,花嫁代償または略して嫁償と称するほうが適当であろう。とくにアフリカで盛んに行われ,進出初期の西ヨーロッパの宣教師たちは,これを人身売買とみなして花嫁代価bride‐priceと称していた。しかし女性が商品として自由に取引されるわけではなく,嫁償は花嫁を育てた親が娘を手放すことに対する慰藉料,および花嫁のもつ性,出産,家事その他の労働能力と将来生まれてくる子に対する権利が,女側から男側に引き渡されることに対する代償と解される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はなよめだいしょう【花嫁代償】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花嫁代償
はなよめだいしょう

婚資」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花嫁代償
はなよめだいしょう
bride price

婚姻の成立に際して、花婿側から花嫁側の親族に支払われる一定の財貨をいう。婚資bride wealthともよばれた。花嫁代償という名称は、この制度がかつて花嫁の売買(売買婚)と誤解されていたという事実に結び付いており、適切な名称ではない。[濱本 満]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の花嫁代償の言及

【結納】より

…結納が重要となったのは,嫁入婚,とくに村外婚が行われるようになってからとされる。結納は婚資bride‐wealthの一種であり,その額は他社会と比べ少額の類に入る。花嫁代償【植松 明石】。…

【持参金】より

…たとえば,初生子相続をとるパイワン族(台湾)では,男女とも婚入者の方が持参財をもって行く。一般に花嫁代償が女性の父親や親族に与えられるのに対し,女性の持参財は本人または夫婦単位内の財産として維持されるので,女子の相続財産とみなすこともできる。後者はユーラシアの諸民族に多くみられ,アフリカを中心とした花嫁代償の分布と対照をみせている。…

【年齢集団】より

…東アフリカ部族社会の複婚は一部の上層富裕層のみでなく,むしろこのようなメカニズムによることも一因だと考えられる。なおこの種の複婚の要因には,さらに青年男子では調達が困難な花嫁代償(婚資)が加わっている。つまり花嫁の出産力や労働力への代償として,これを受ける婿方が嫁方に贈るべき高額の代償(牛や羊または金品)の調達は年長者にずっと有利で,これが複妻取得を助長するわけである。…

【メラネシア人】より

…血縁集団レベルでは族外婚の規制をうけるが,地縁内婚がしばしばあり,そのために単一の共同体でほとんどの人々が親族,姻族の双方に結ばれている。結婚に際して男の親族集団から女の親族集団に贈られる花嫁代償(婚資),あるいは両者の間での富の平等な交換の交渉が妥結して,はじめて結婚が成立する。一夫多妻は多くの社会で認められているが,女に強く反発されており,ケースとしては多くない。…

※「花嫁代償」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

花嫁代償の関連キーワードシルック族ソロレートダウリースクマ族童養媳幼児婚労役婚亡霊婚