コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹夫人 チクフジン

4件 の用語解説(竹夫人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちく‐ふじん【竹夫人】

夏、寝るときに暑さをしのぐために用いる竹のかご。抱いたり足をのせたりする。抱きかご。 夏》「天にあらば比翼の籠(かご)や―/蕪村

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

竹夫人【ちくふじん】

暑中,涼をとるために抱いて寝る円筒状の籠(かご)をいう。長さは150cm程度で,本来は竹編みだがトウなども使用。抱籠,添寝籠とも。中国では古くから用いられ,宋代に俗に〈竹夫人〉と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちくふじん【竹夫人 zhú fū rén】

昔,中国で夏寝るときに涼を取るために,抱いたり手足をもたせたりする,1mから等身大の円柱形の竹製の籠。丸のままの竹筒に通風の穴をあけたものも用いた。〈竹几(ちくき)〉〈竹姫〉〈竹奴〉〈青奴〉などともいう。唐代は〈竹夾膝(ちくきようしつ)〉と呼び,宋代に至って俗に〈竹夫人〉と呼んだ。冬の湯たんぽの〈湯婆子〉(湯の女房の意)と同巧の命名法である。日本にもかつて伝えられ,俳諧の季語にもなった。【鈴木 健之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちくふじん【竹夫人】

夏、寝る時に、抱いたり足をのせたりして涼をとる竹のかご。だきかご。竹奴ちくど[季] 夏。 《 天にあらば比翼の籠や- /蕪村 》

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹夫人の関連キーワード音頭を取る祭酒中を取る股立を取る打水血祭左褄を取る涼を取る労を取る

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone