コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹夫人 チクフジン

デジタル大辞泉の解説

ちく‐ふじん【竹夫人】

夏、寝るときに暑さをしのぐために用いる竹のかご。抱いたり足をのせたりする。抱きかご。 夏》「天にあらば比翼の籠(かご)や―/蕪村

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

竹夫人【ちくふじん】

暑中,涼をとるために抱いて寝る円筒状の籠(かご)をいう。長さは150cm程度で,本来は竹編みだがトウなども使用。抱籠,添寝籠とも。中国では古くから用いられ,宋代に俗に〈竹夫人〉と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちくふじん【竹夫人 zhú fū rén】

昔,中国で夏寝るときに涼を取るために,抱いたり手足をもたせたりする,1mから等身大の円柱形の竹製の籠。丸のままの竹筒に通風の穴をあけたものも用いた。〈竹几(ちくき)〉〈竹姫〉〈竹奴〉〈青奴〉などともいう。唐代は〈竹夾膝(ちくきようしつ)〉と呼び,宋代に至って俗に〈竹夫人〉と呼んだ。冬の湯たんぽの〈湯婆子〉(湯の女房の意)と同巧の命名法である。日本にもかつて伝えられ,俳諧の季語にもなった。【鈴木 健之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちくふじん【竹夫人】

夏、寝る時に、抱いたり足をのせたりして涼をとる竹のかご。だきかご。竹奴ちくど[季] 夏。 《 天にあらば比翼の籠や- /蕪村 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

竹夫人の関連キーワード抱き籠・抱き篭・抱籠井上 友一郎ダッチワイフ井上友一郎李穀暑中抱枕

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android