竹腰徳蔵(初代)(読み)たけこし とくぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「竹腰徳蔵(初代)」の解説

竹腰徳蔵(初代) たけこし-とくぞう

1851-1921 明治時代の殖産家。
嘉永(かえい)4年生まれ。家業酒造業をいとなむかたわら,榛名山南麓の御料地約130haをかりうけ,・杉・ヒノキなどをうえる。白川流域の荒れ地開墾,牧場経営による馬の改良などにつくした。大正10年3月死去。71歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android