第十八願(読み)だいじゅうはちがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第十八願
だいじゅうはちがん

浄土三部経の一つ『大無量寿経』のうちに説かれる阿弥陀如来の 48の誓願の第 18番目の願。その内容は「たとい我,仏を得んに,十方の衆生,至心信楽 (しんぎょう) して我が国に生れんと欲し,乃至十念せん,若し生れずば正覚を取らじ」というもので,至心,信楽,欲生我国の三心をもって念仏すれば必ず往生するようにさせるという誓願で,日本の浄土教では特に重要視され,48願中の王本願と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

だいじゅうはちがん【第十八願】

〘仏〙 大無量寿経で、法蔵菩薩が阿弥陀仏となる際にあげた四十八願のうち一八番目のもの。信心を起こし、浄土へ生まれようとして念仏する者は、必ずそれを実現させようという願。念仏往生願。王本願。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android