コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第十八願 だいじゅうはちがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第十八願
だいじゅうはちがん

浄土三部経の一つ『大無量寿経』のうちに説かれる阿弥陀如来の 48の誓願の第 18番目の願。その内容は「たとい我,仏を得んに,十方の衆生,至心信楽 (しんぎょう) して我が国に生れんと欲し,乃至十念せん,若し生れずば正覚を取らじ」というもので,至心,信楽,欲生我国の三心をもって念仏すれば必ず往生するようにさせるという誓願で,日本の浄土教では特に重要視され,48願中の王本願と呼ばれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいじゅうはち‐がん〔ダイジフハチグワン〕【第十八願】

阿弥陀仏のたてた四十八願中の18番目の願。内容から念仏往生の願とも、最も重要なので王本願ともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だいじゅうはちがん【第十八願】

〘仏〙 大無量寿経で、法蔵菩薩が阿弥陀仏となる際にあげた四十八願のうち一八番目のもの。信心を起こし、浄土へ生まれようとして念仏する者は、必ずそれを実現させようという願。念仏往生願。王本願。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

第十八願の関連キーワード関東十八檀林浄土三部経超世の悲願浄土真宗超世の願至心信楽法蔵菩薩選択本願阿弥陀三願善鸞信心浄土弘願三信弘誓

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android